帯状疱疹はヘルペスウイルスの一つ

ヘルペスウイルスの1つである帯状疱疹の薬の効果はどうなのか?

帯状疱疹はヘルペスと同じようなものだから、同じような薬を飲んでいればいいという風に思う人もいるかもしれませんが、帯状疱疹にはそれに対処する薬を使っていく必要が出てきます。抗ウイルス薬が出てきてからは帯状疱疹の治療は劇的に進歩を遂げてきています。ここでは帯状疱疹においての薬の効果について解説していきます。

 

抗ウイルス剤を服用する

現在では帯状疱疹に対抗することができる抗ウイルス剤がありますので、たとえ帯状疱疹ができたとしてもそれほど怖がることはないでしょう。神経や皮膚にできものができたり、何らかの痛みを感じるのであれば、すぐに皮膚科に行って抗ウイルス剤を服用することができれば、痛みを抑えることができますし、ブツブツの炎症を抑えることが可能です。これによって後遺症が少なく神経痛が残りにくくなっているのもいいことです。

帯状疱疹は皮膚に何らかの炎症が起きているわけですが、医師に処方してもらう内服薬がなぜ効果があるのかと言うと、内服薬によって原因となるウイルスを増やさないということが重要だからです。

 

最初の症状から3日以内に服用する

ウイルスが一番多い時期と言うのは皮膚に何らかの炎症が起こる時ですので、その時期より3日以内に抗ウイルス剤を服用するということが重要になってきます。もし皮膚や神経に関する違和感を感じたのであれば、すぐさま病院に行くということです。別の言い方をすれば、3日以降に飲んだとしてもあまり意味がないという可能性がありますので、十分に注意してください。

 

早めに病院に行って抗ウイルス剤を服用する

帯状疱疹は早めに病院に行って抗ウイルス剤を服用するということがより重要になってきます。早めに服用すればそれだけ治りが早いということが言えます。